2005年08月25日
photo1192.jpg

「クレールの刺繍」
評価 ★★☆☆☆
2004年のカンヌ国際映画祭批評家週間にて、グランプリを受賞したフランス映画。17歳のクレールは妊娠するが、匿名出産を決意。その後、同じ刺繍職人のメリキアン夫人と出会い、刺繍の仕事を通しながら、最後は自分で子育てをすると改心をする。
「期待よりもあまり・・・」だったので星二つ。フランス映画はどうも好き、苦手があり、これは後者のほうだった。主人公クレールの心の移り変わりが分かりにくく、どうして自分で子育てをしようと決意したかという部分があいまいな気がする。また夫人との心をかよわす部分が弱く、その辺りを具体的に表現して欲しかった。が、それが17歳という微妙な年頃の心境を表しているとすれば、仕方がないのかもしれない。途中で二人が刺繍をするシーンが多々出てくるが、刺繍が本当にすばらしく、とてもきれいだった。

B0009S2TGG.01.MZZZZZZZ.jpg

「ランド・オブ・ザ・デッド」
評価 ★★☆☆☆
「ゾンビ」のロメロ作品最新作なので期待大だったけど・・・観てみると「う〜ん」と言わざるをえない。というのは今回のゾンビは学習能力があり、考えることができ、それがゾンビのイメージ像と多少違う気がしてならなかったところにある。川をわたったり、銃を使ったり、オイルに火をつけたりと、人間と変わらぬところで人間を襲うので、本来のゾンビの大量発生の怖さみたいなところがあまり感じられず、そういう意味で言うと"Dawn of the dead"の方が面白く、好きな作品。最初に出てくるバタリアンみたいなゾンビがわりと気に入りました。



posted by パゴス at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(4) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6209616

クレールの刺繍(2004仏)
Excerpt: 叶美香さんのトークを目的に試写会を観にいきました。美香さんは胸のふくらみがすごくて、女でも目がいってしまいます。笑顔を絶やさず、正面とインタビュアとを交互に見ながら、堂々とお話する姿に「さすが」と..
Weblog: WAKOの日常
Tracked: 2005-08-25 23:39

ランド・オブ・ザ・デッド 評価額・200円
Excerpt: ●ランド・オブ・ザ・デッドをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 ある日突然、謎の原因で
Weblog: Blog・キネマ文化論
Tracked: 2005-08-28 20:51

「ランド・オブ・ザ・デッド」 Land of The Dead
Excerpt: 過去に2回に渡り「のんびり亭」本館で扱いましたが、いよいよ日本公開という事で、再
Weblog: 「USAのんびり亭」映画情報
Tracked: 2005-08-28 23:33

#31:ランド・オブ・ザ・デッド
Excerpt: KAZZのこの映画の評価  早い話が、ゾンビの映画です 期待しすぎていたせいか。。。ショックが大きい
Weblog: (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
Tracked: 2005-09-02 08:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。