2006年04月27日
1000809_01.jpg

評価 ★★★★★

最初はタイトルすら覚えられず、友達に「Vなんとか観に行く」「あー、Vなんとかね」って感じでした。観終わった後はヴェンネッタの意味もすぐに出てくるくらい(当たり前)この映画が好きになりました。“血の復讐”って意味ですけどね。
久々に面白い映画でした。スタンディングオベーションしたいくらいに!
エンディングロールに流れている音楽も良くって、じっくり聴いちゃいました。ハウスと何かが混ざったような感じ。
とにかく最初から最後まで観る者をあきさせません。それはナタリーやヒューゴの演技が良かったり、演出、過去のフラッシュバックの見せ方、音楽などそれぞれが際立っていたからだと思います。ヒューゴも最後まで“V”の仮面を取らなかったですが、それはそれでよかった。なんかあの仮面、とても印象に残るんだなー。しばらく頭から離れなかった・・・。
「“V”のように正義のためにテロを起こし、人を殺すというのは果たしてありなのか!?」という問題について考えてしまいました。
きっとそれがこの映画の問いただしたかった部分なのではないかと思うので、この映画はやっぱりうまく出来ていると思います。
4/19@中野サンプラザ。

posted by パゴス at 01:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
遅ればせながらあたくしも観ました〜
日記に感想書いたので、良かったらみて下さいまし。
あの顔、ありそーでなさそーで絶妙だよねん。
私も久しぶりにガツっときました!!
Posted by ちょこ at 2006年05月08日 23:33
日記見たよん。

私は結構頭を使いました。
あとからコミック版とストーリーを比較するなど、復習もしてしまったほどです。
面白かったよね。
Posted by パゴス at 2006年05月09日 01:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。